yama




呼吸を深くして心と身体のスイッチをオン
にするってどういうこと?

心と身体のスイッチがオフの人っていうのは

「どうせ私なんてうまくいくはずない」と思ってて

体はうつむいてて腕を前で組んでいる人。

うつむいてて腕を前で組むと肺がつぶされて呼吸も浅く早くなります。



一方、心と身体のスイッチがオンの人っていうのは

「私ならできる、うまくいく方法があるはず」と思ってて

顔は斜め上方向に向いていて、胸をはって姿勢の良い人です。

顔が斜め上に向くと気道も開いて呼吸もしやすくなり

肺が開放されて深く呼吸できます。

人間は最終的には考えていることが実現するので

なにをやってもうまくいきます。


そんなのうそだぁと思っている人はオフになっている人

なのかもしれません。

うまくいくはずないと思っている人もそのとおりになり

うまくいくと思っている人もそのとおりになるのです。

なにかうまくいく方法ががないかなと考えていると

うまくいく方法が思いつきます。

そして思い浮かんだことをきちんと実践してこそ本当に実現するのですが・・・。



そして、心と体はつながっているので原因と結果が逆でもうまくいくということです。

つまり原因がなくても結果を先に演じていると徐々にそうなって

いくということです。

なので、今もしオフの人でしたら、オンの人を演じていれば

うまくいく人になるということです。

心と身体は一体です。

今日から胸を張って深く呼吸をしてみましょう。

気がついた時だけでもいいので

ゆっくり深く してみましょう。

これはダイエットの成功にもつながります。

あと深呼吸は心のイライラにも効果てきめんです。

ぜひ試してみてください。(^O^)