今私が読んでいる本はアメリカの心理学博士

ウエイン・W・ダイアーの


自分のための人生」です。



本当にやりたいと思うことをしないでよいのだろうか」

「私の人生を他人の望むとおりに送っていいのだろうか」

その答えが素直に帰ってくる。

本当の意味で他人に左右されない「自分を大事にする生き方」

ができるようになれる気がしました。

本書になかに



一日をただ「一万回」くりかえしていないか?

一万日もしくはそれ以上の日々を本当に生きてきただろうか。

それとも、一日生きることを単に一万回あるいはそれ以上

くりかえしてきたのだろうか。

より自発的になろうと努力するとき、ぜひ自問すべき質問である



とあります。


すごく考えさせられました。



成功ほど失敗するものはない

という格言があるそうです

つまり成功からは何も学べない

何かしら学び得るただ一つのもの、それは失敗である。


柔軟な心が楽しい未来を作っていくのかなぁ・・・




読むとすごく元気がでます。

気になった方は読んでみてください。







いつも読んでくださりありがとうございます。

記事の感想、質問等あれば連絡ください。


kaguya1325@gmail.com


こちらにお願いします。